CUTTERWEDGE

カッターウェッジ

・・・・ ここまでアプローチが簡単なウェッジはありません。。。。。 どんな状況でもフェイスを開かずにボールが上がります。。。。   今まで苦手だったグリーン廻りが、楽しくなります。 ・・・・


※ 注意・・・・動画は音が出ます。

CUTTERWEDGEの処方箋

100%「ダフらないクラブ」とは言いません。でもこれ以上簡単なウェッジはありません

以下のような方にお勧めです
アプローチでフェイスが開けない フェイスを真っすぐ構えれば打てますが、フェイスを開いて構える事が苦手。
ボールが芝に浮いてないと不安 ディボット跡やベアグランド(土の上)からは、打てる気がしない
アプローチでダフるイメージが出てしまう 落とし場所や、弾道をイメージするより、きちんとボールに当たるかどうかの方が先に気になる
本番に弱い 練習では上手に打てるのに、いざ本番になると同じ状況でもダフることが多い
そもそもアプローチが練習不足 芝の上からアプローチ練習できる環境が少なく、アプローチの練習ができない。
グリーン廻りの打数が多い 100Y以内のアプローチやバンカーなどのグリーン廻りで平均2回以上打ってしまう。

※※注意※※  以下の方はご使用頂かなくても結構です

  • 現状のウェッジで自信を持ってアプローチができる方
  • クラブフェイスを開いて打てる方
  • アプローチを強いスピンボールで止めたい方
  • 高いロブショットを打ちたい方


CUTTERWEDGEはルール適合クラブです

CUTTERWEDGEは、R&A及びUSGAで認可取得済み。

公式ルールの競技で使用可能クラブとなっています。 全米オープンや日本オープンなどプロ参加のトーナメントを含め、各種アマチュア競技・所属コースの月例会等でも使用が可能です。 ※ 登録情報は56度になっていますが、異なるロフト角の52度・58度も適合となります。

 R&Aサイトの詳細
 USGAサイトの詳細



What's New

2021/09/17
レディース・シニア向けシャフトカスタムご用意しました。
2021/09/13
大好評にて初回入荷分は数週間で欠品しましたが、第2弾本日入荷しました
2021/08/20
新宿ゴルフ工房・BOXGOLFにて日本国内販売取扱開始




CUTTERWEDGEて何?

CUTTERWEDGEはアメリカ・カリフォルニアで開発されたアプローチ専用クラブ

アメリカ・カリフォルニア州にあるCUTTERGOLFが開発した、アプローチに特化したウェッジです。


※ 注意・・・・動画は音が出ます

そもそもウェッジ(wedge)って何?

多くのゴルファーは、ウェッジでのフルショットは容易に可能なはずです。ウェッジは元々アイアンクラブですからフルショットが容易なのは当然なのです。
そのアイアンクラブにバウンス(クラブの底に角度)を付けて、フェイスを大きくして、 アプロ―チショットやバンカーショットも可能にしたのが「ウェッジ」と呼ばれるクラブなのです。

我々ゴルファーは現在、フルショット用のアイアンを改造したクラブ(ウェッジ)で、フルショット時と打ち方を変えて、 アプローチショットや、バンカーショットに対応させて打っているのです。1つのクラブ(ウェッジ)で2通り・3通りの打ち方を要求されているわけです。


カッターウェッジ(cutterwedge)は通常のウェッジと何が違うの?

カッターウェッジの呼び方こそ、「ウェッジ」ですが、今までのクラブ(ウェッジ)とは考え方・構造は全く異なります。
通常のウェッジは・・・
「フルショットクラブ」を元に→「アプローチ可能」→「バンカーショット可能」 に改造したもの
CUTTERWEDGEは・・・
「アプローチクラブ」として開発→「バンカーショット可能」→「フルショット可能」 にしたもの

アプローチショットに特化したクラブ構造で、バンカーショットもフルショットも可能にしたものが「CUTTERWEDGE」なのです。


アプローチ専用クラブならチッパーという事?

CUTTERWEDGEはchipper(チッパー)とは考え方も構造も全く異なります。 チッパーはクラブのルール上はパターではなくアイアンのカテゴリーですが、パターを改造しロフトを付けてボールを上げやすくしたパターの延長線上にあるクラブです。 チッパーの最大の弱点は、あくまでもパターの打ち方が必要で、ショットが出来ない事です。 ボールを高く上げる事・遠くまで距離を出す事も出来ません。勿論、バンカーショットやハザード越えなど ライや状況によっては使用が制限される場合も多くあります。
CUTTERWEDGEは、チッパーと異なり、ボールの高低差や距離を自由に操る事が可能なアプローチクラブです。
更にはアプローチを始め、フルショットからバンカーまで、どの様な状況でも対応ができるクラブなのです。



CUTTERWEDGEの打ち方はシンプルで簡単!!

CUTTERWEDGEはフェイスを開く必要がありません。 ボールを右に置く必要もありません。
(勿論、ファイスを開いても、ボールを右に置いても簡単に打てます)
フルショットと同じ位置にボールを置いて、距離に合わせてスイング幅を変えるだけでボールが上がるアプローチが簡単に打てます。
・ボディーターンスイングでも打てます。
・身体の回転を止めて手打ちでも打てます。
・リストを意識して手首だけ使っても打てます。


ビリヤードの球をキューで突くように・・・ フェイスのリーディングエッジ(先端)を飛球線方向へボールに当てれば、どんな打ち方でも、目標に向かって自動的にボールが上がります!


CUTTERWEDGEでもミスがでる場合

CUTTERWEDGEでもダフる場合
CUTTERWEDGEの基本使用方法はフェイスを開きません。 その時にボールが右すぎると上から鋭角に入りやすく地面に刺さる可能性が高くなります。 CUTTERWEDGEのボールの位置は、センターか、ほんの少し左に置く位がベターです。

シャンクや打ち出したボールが右に出る場合
かなりリーディングエッジ出っ歯の為、フェイスの重心が通常のウェッジより前方にあります。 インサイドから振りだすとインサイドアウトが強調され易くなります。 その時は少しボールと離れてアドレスしてください。

ラインが出しにくい場合
クラブ自体、ドローバイアス(フェイスが返り易い)が強い特性があります。 オープンスタンスにすると更に左に飛びやすくなります。 真っすぐに構えるか、クローズドスタンス(左足を前で右足を少し後ろ)にした方が、 クリーンに当たりやすく、更にラインも出しやすいと思います


TOPアマ(クラチャン)に試打してもらいました

プロゴルファーでなく、あえてアマチュア代表に試打してもらいました。
フェイスは開かない。スタンスも極力スクエアー。ボール位置はほぼセンター。 「シンプルに、高い技術を使わない」という条件での動画です。

CUTTERWEDGEの特徴

アプローチに特化した技術の集約(多数特許含む)

抜けやすい角度のソール形状

ボールをインパクトした時に、深い芝や地面にクラブソールが当たり、クラブフェイスの動きが減速すると、 ダフりと同じ現象が生じてボールがドロップしてしまいます。
CUTTERWEDGEのソール形状は船の底形になっており、インパクト時に多少の抵抗があっても、 推進力を維持できるように工夫されています。また、バウンスも12度(56度のロフトクラブ)付いていますので、 クラブのソールが滑るだけでなく、バンカーにおいても砂との爆発力が大きくなりバンカーショットが容易になります。

非常に低い重心位置(芯)

アプローチショットを難しくしている理由の一つに、クラブフェイスの重心位置(芯)が高いのも原因の一つです。 人間は本能的に物の重心を感じます。多くのゴルファーはボールを打つときにクラブフェイスの重心(芯)でヒットしようと手が動いてしまいます。 しかし実際のアプローチショットは重心の感覚を捨てて、あえてクラブフェイスの重心より下部のリーディングエッジ近辺でボールを打たなければなりません。 アプローチが苦手な人にとって、この所作が非常に難しいのです。
CUTTERWEDGEの重心はリーディングエッジに近く極端に低い位置に設定しています。 CUTTERWEDGEならば、アプローチショットの時も「クラブの重心を感じながら打てる」唯一無二のクラブなのです。

大きなスイートスポット

「思ったよりスピンが掛かってピンの手前で止まってしまった」「スピンが掛からず転がってオーバーしてしまった」 プロのトーナメントでもよく見る光景です。
アプローチの時にボールをクラブフェイスで上手に打てても、 芝の挟まり具合や「芯に当たる」「芯を外れる」で高さやスピン量が変わりアプローチの距離が時々不安定になります。
CUTTERWEDGEのスイートスポットは重量配分を下部や廻りに配置し、通常のウエッジより75%大きくなっています。 振り幅が同じなら、クラブフェイスの何処に当たっても、芝を挟んでも、クラブフェイスのスイートスポットで捉えた安定した初速の出玉になります。 CUTTERWEDGEならば、ピッチショットにおけるキャリーとランはどのような状況でも常に同じ距離が打てる可能性があります。

通常の大きさの33%しかないリーディングエッジ

ミスショットでダフる場所はクラブの先端(リーディングエッジ)です。 綺麗にボールを捉えたとしても、リーディングエッジの他の部分が地面に刺さればダフってしまいます。
CUTTERWEDGEのリーディングエッジは通常のウェッジの33%しかありません。その横幅は、ほぼボールの直径と同じです。 すなわちCUTTERWEDGEがボールを捉える時に地面に触れる場所は、ボールとクラブが接触するボールの直径分しかないのです。 クラブフェイスがボールを捉えれば、他の部分は地面と接触しないのでダフらないという事なのです。

クラブフェイスを開く必要がない

「ディボットの跡」「ベアグランド(土の上)」「薄い芝」皆さんはどの様にアプローチを打ちますか?
ボールを右に置き、クラブを立てて、リーディングエッジの先端でハーフトップ気味で打ちますか? それとも、フェイスを開き、ソールを滑らしバンカーショットの様に打ちますか? いずれにしても、これらの打ち方ができるのは、プロゴルファーや上級者のみです。
CUTTERWEDGEはリーディングエッジが出っ歯の為、ボールが沈んでいてもリーディングエッジが届きます。
またどの様な状況でも、ボールを右に置いたり、クラブフェイスを開く必要がありません。 アプローチがタフな状況でも、スクエア―に構えて打つことが可能です。 フルショットを小さくしたスイングだけで全てのアプローチ環境を克服できます。

CUTTERWEDGE 標準小売価格 23,100円 (税込)

現在日本販売では56度と58度の2種類のみのラインアップです。ご了承ください。

  • ロフト角52度 バウンス角10度
  • ロフト角56度 バウンス角12度
  • ロフト角58度 バウンス角6度



大好評にて初回入荷分は売切れましたが、ウェッジ第2弾大量に入荷しました。


CLUBSPEC (クラブ仕様)

クラブ特徴

56度は、アプローチもバンカーも対応できる、どなたでも利用しやすい万能ウェッジです
58度は、アプローチ中心に、ボールをより高く上げて止めたい方にお勧めです。

発売元の新宿ゴルフ工房では、クラブが重いと感じる方や、女性向けに軽量シャフト等の加工も対応いたします。


シニア・レディース用カスタム 緊急販売!!!

ご要望が非常に多かったので、シニア用・レディース用にシャフト仕様をそれぞれ限定10本のみご用意しました。
新宿ゴルフ工房にて打ちやすくカスタムしてお届けします。

シニア用 NS950 Rシャフト装着 23,800円(税込)

ヘッドスピード40m/s以下の方にも振りやすく軽い950Rシャフトを装着。
総重量440g シャフト重量90g グリップはツアーベルベット60(バックライン無し)装着します。
先着限定10本(※ 左の写真はサンプルです)

レディース用 ZEROS7 R2シャフト装着 24,800円(税込)

軽くて非常に柔らかいZEROS7のR2シャフトを装着。まさに非力な日本人女性向けのウェッジ仕様です。
総重量420g シャフト重量70g グリップはツアーベルベット60(バックライン無し)装着します。
先着限定10本(※ 左の写真はサンプルです)




様々な感想・評価

下記の評価は日本での販売前の感想ですので外国のユーザーが中心です。


購入者の感想

ウェッジ販売サイトより・・
David C
2020年10月25日
2回のラウンドと練習で試しただけだけど、多様な用途で機能するクラブ。 素晴らしいアイデア・素晴らしいデザイン・私のショートゲームも素晴らしくなった。
Ryan Mc
2020年10月27日
カッターウェッジを使うことを愛している。どんな深いラフでも容易に打てる。 カッターウェッジのフェースは明らかにグリーン廻りで役に立つ。
Basil D
2020年11月13日
良いバランスで出来たクラブ。ラフでも滑るし芝も切れる。素晴らしい。
Bill Bowen
2020年11月18日
56度を購入した後に、58度と52度も購入しました。 私は他のウェッジを使っていましたが、 このクラブとは比較にならないくらい上手に使う事が出来ませんでした。 ヘッドカバーを付けてくれるともっと良かったです。
Tom
2019年11月12日
これは私が使った中で1番のウェッジ。重量配分・バウンス・フェイス形状は バンカー・深いラフ・他のコンディションなどグリーン廻りのアプローチ状況全てに対応できる。最高級にお勧めできる!
Big Tasty
2020年3月22日
3日前に購入して、2ラウンドしました。物凄い衝撃です! 不可思議な形をしているので星は4つどまりです。 しかし私のスコアーが良くなった事も事実。私の男性グループのゴルフ仲間では、一つ抜きに出た感じがしています。
Toshi
2021年6月10日
所属コースの競技会で同伴者に「変なクラブ!」「これ競技で使っていいの!?」と茶化されてしまいました。 ラウンド中に、グリーン手前の芝の薄い花道から私はCUTTERWEDGEで無難にグリーン乗せました。 同伴者は同じ位置から、プロが使う有名ウエッジでかっこよくスイングして思いっきりダフっていました。 その後、同伴者からの会話は一切ありませんでした。

クラブ評価のWEBサイトより日本語訳 (GOLFERS AUTHORITY)

品質9.0・コントロールパフォーマンス9.5・デザイン見栄え9.0・・・総合評価9.2

これはドローバイアスであり、右利きのプレーヤーがボールを置く位置を右に移動しすぎないようになっています。 カッターウェッジはテストされた他のどのウェッジよりも高くボールを打つことを可能にしています。 ゴルファーはそれが良いことか悪いことかを自分で決める必要がありますが、 ショートゲームで苦労していて、ショットが右にスライスしたり、低く出てグリーンで止まらないのを見るのにうんざりしている場合は、 新しいレベルのパフォーマンスを絶対に提供できます。

・・・長所・・・
対称的な形状と最適化された重心により、クラブの打ち上げと位置合わせが容易になります。
より薄いリーディングエッジは、プレーヤーがラフからゴルフボールをより簡単に打つのに役立ちます。
カッターゴルフウェッジは、ドローバイアスと直立したデザインで、簡単に真っすぐ打つ事に優れています。

・・・短所・・・
その形状が非常に大胆であり、伝統的な外観を好むゴルファーの見栄えには合いません。
現在ロフトバリエーションが少なく購入者は制限されます。
デモクラブが無いため、小売店やプロショップで自分でウェッジを試すことができません。



カッターウェッジを輸入したバイヤー談

日本ではプロゴルファーが使うウェッジをアマチュアでも使っています。 日本において多くのゴルファーが使うウェッジはプロモデルなのです。
プロが使うウェッジの多くは高重心モデルです。
何故なら、インパクトゾーンの低い位置に重心を持って来ると、 芯(重心)で打った球になり、反発力(初速)が上がり過度なスピンが掛からないからです。
現在のウェッジは、スピンが過度に掛かる事(グリーン上で止まる事)をセールストークにして販売しています。

卓越した技術と、豊富な練習量のあるプロゴルファーなら芯を外して打つ事は難しくはないと思います。 しかし、インパクト時に芯を外して打つ事はアマチュアには非常に難しいのです。(詳しくは下記の「アプローチを打てない人は理由があります」をクリック!)

非常に単純な事ですが、どのメーカーもプロに使ってもらう為なのか、「スピン量」や「ボールを止める」事にこだわり、 CUTTERWEDGEのような簡単なウェッジを作ってきませんでした。
我々アマチュアゴルファーの多くはアプローチショットにおいて過度なスピンを求めて、難しいクラブを使う必要は無いと思います。 CUTTERWEDGEはアプローチショットの原点に戻り、スピン量を増やすよりも、誰にでも簡単に打てる事に特化したウェッジです。
CUTTERWEDGEの製造元のカリフォルニアでは、ゴルファーにとってプレーする事は日々の余暇に過ぎません。 しかし、年配者も女性もそこそこ良いスコアーで廻る方が多いです。 ボールは安い物、クラブも大衆向けの物で、プロモデルを使用しているゴルファーはほとんどいません。 難しいプロモデルをキャディーバッグに入れる事を自慢する日本のゴルファーとは異なり、 道具にこだわりはほとんどなく、簡単で、良いスコアーが出る道具こそ、アメリカのアマチュアゴルファーとって合理的でBESTな選択なのです。

CUTTERWEDGEは形状も特殊で「キュキュとスピンで止まる球」も打ちにくいですが、難しいライでも無難に打つ事が出来ます。
当社は多くの日本のアマチュアゴルファーにも、「もっと簡単に打てるアプローチウェッジを届けたい」と思い アメリカ・サンフランシスコのCUTTERGOLFに交渉したところ、快く契約・提供していただける事になりました。

初心者でも、アプローチイップスの上級者も、ぜひ使って頂きたいと思います。ルール適合クラブですので各種競技でもご使用いただけます。 簡単に打てるアプローチショットは、皆さんのゴルフライフがもっと楽しくなるはずです。




外国でのCUTTERWEDGEのYOUTUBE

ここをクリック(英語です)



Contact

お問合わせ・ご購入は新宿ゴルフ工房までお願い致します。

03-6380-4122
order@golfkobo.net
〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目3-7 2階
定休日:毎週月曜日
営業時間11:00~20:00


無料試打ができます!

下記では試打クラブを置いてあります。是非ご利用ください
新宿ゴルフ練習場BOXGOLF
日帰りゴルフツアーGOLFPAQのツアー参加者